【参考資料&リンク】

★ご参考(最初に概要をつかみたい方には)

美味しんぼ 雁屋哲 105巻 小学館
概要としてはまずこれを。
特定非営利活動法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
詳細はこちらを
ネオニコチノイド系農薬の使用中止を求めるNGOネットワーク

●助成基金からのおススメ

浸透性農薬に関するIUCN東京フォーラム 2012.9.2
http://www.actbeyondtrust.org/iucn-tokyo-forum-120902/
  
ネオニコチノイド系農薬の蜂への悪影響、米サイエンス誌が新研究を詳報
http://www.actbeyondtrust.org/wp-content/uploads/2012/05/science20120517.pdf

一般社団法人アクト・ビヨンド・トラスト
http://www.actbeyondtrust.org/
 
  
●コモンズ的サイト

Wikipedia:ネオニコチノイド
http://ja.wikipedia.org/wiki/ネオニコチノイド

ネオニコチノイド – 天敵Wiki
http://wiki.tenteki.org/index.php?%A5%CD%A5%AA%A5%CB%A5%B3%A5%C1%A5%CE%A5%A4%A5%C9

Wikipedia:農薬
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%B2%E8%96%AC

●メディア
オルタナ 蜜蜂の死んだ島、生きた島
(雑誌「オルタナ」27号に、関連記事掲載 http://www.alterna.co.jp/)

 
 
●団体サイト

農林水産省>農薬コーナー
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/

農薬インデックス
http://www.agro.jp/

農薬工業会
http://www.jcpa.or.jp/

全国農薬協同組合
http://www.znouyaku.or.jp/

日本農薬学会
http://pssj2.jp/

グリーンジャパン 農薬情報
http://www.greenjapan.co.jp/greenjapan.htm

ネオニコチノイド系農薬の使用中止を求めるNGOネットワーク
http://no-neonico.jp/

特定非営利活動法人 ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議
http://kokumin-kaigi.org/?page_id=819

銀座ミツバチプロジェクト
http://www.gin-pachi.jp/

有機農業技術会議「有機農業を始めよう」
http://yuki-hajimeru.net/
 
 
●個人ページ

農薬ネット
http://nouyaku.net/

雁屋哲の今日もまた|ネオニコチノイド系の農薬
http://kariyatetsu.com/blog/1177.php

記念公演「農薬と人体被害の実態(1)ネオニコチノイド中毒をご存知ですか?」
http://nixediary.exblog.jp/12196134/

ネオニコチノイド系農薬は神経毒性科学物質!
http://www.83m.info/topics/post_153.html

ネオニコチノイド系農薬ってどれ位使われているの?
http://ameblo.jp/akitamamoru/entry-10601507018.html

地球の生命力とつながる食生活17項目徹底解説<参加記録>
今、浸透力と残効性の高いネオニコチノイドなどの新型農薬が、減農薬の切り札として果物も野菜も米も茶もどんどん使われています。
http://www.blog-headline.jp/agriability/2012/04/post_37.html

しつこく、ミツバチとネオニコについて-
大地を守る会のエビちゃん日記 “あんしんはしんどい”
http://www.daichi.or.jp/blog/ebichan/2010/09/post-364.html

ネオニコチノイド
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/archiv/pesticide/insecticide/neonicotinoidx.htm
 
 
●資料

ネオニコチノイド系農薬参考文献リスト
http://no-neonico.jp/pdf/sankoubunken.pdf


『新農薬ネオニコチノイドが日本を脅かす』水野玲子(七つ森書館、2012年)
http://pen.co.jp/index.php?id=674


『ハチはなぜ大量死したのか』ローワン・ジェイコブセン(文藝春秋社、2009年)
http://amazon.gwbg.ws/iibi

『コーティング処理された種子から苗の葉の露滴へ、ネオニコチノイド系殺虫剤の移行――ミツバチにとっての新たな中毒経路』V. Girolami他(2009年)
http://no-neonico.jp/pdf/honyaku1.pdf

「シエラ・クラブは EPA に対しニコチン系 殺虫剤の暫定禁止を求める」(2008年7月31日プレスリリース)
http://no-neonico.jp/pdf/honyaku3.pdf

『ネオニコチノイド系殺虫剤のマルハナバチ/ミツバチおよび非標的無脊椎動物に対する影響』ヴィッキー・キンデンバ(2009年)
http://no-neonico.jp/wp-content/uploads/2012/03/honyaku5.pdf

『曝露時間の関数としての毒性――ネオニコチノイド系殺虫剤とその影響のリスク・プロファイル』ヘンク・テンネケス(2011年)
http://no-neonico.jp/pdf/honyaku7.pdf

『虫たちが消えた島――長崎県の島々から』オルタナ・オンライン(2012年1月)
http://www.alterna.co.jp/8142


悪魔の新・農薬「ネオニコチノイド」―ミツバチが消えた「沈黙の夏」: 船瀬 俊介
http://www.sangokan.com/books/978-4-88320-432-8.html
 
 
●論文等

ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワーク>資料・データバンク
http://no-neonico.jp/siryou_databank/

ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワーク>参考HPリンク集
http://no-neonico.jp/siryou_link/